2018年12月14日

CBのエンジンヘッドカバーをメッキ加工

ホンダのエンジンのヘッドカバーのメッキ加工をご依頼いただきました。

ヘッドカバーにつくカバー類も同時に加工させていただきました。

素材はアルミダイキャストです。

ダイキャストの電解クロムメッキ加工は巣穴が出てしまう欠点があります。

素材が良ければ出ないこともありますが、

多少なりとも出てしまうことが多いです。

今回はヘッドカバー自体は少なめできれいになっていますが

カバー類は巣穴が多く素材がよくありませんでした。

巣穴が多く出てしまう品物で熱のかからない部品であれば

クロムスパッタリングメッキで対応も可能です。

クロムスパッタリングメッキであれば巣穴の影響はそれほどあ受けません。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。